新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ

当店はパソコンのバッテリー、ACアダプターの専門オンラインショップです。 上質で安い値段の商品と最高のサービスに取り組んでいます。 denchiy.jpはお客様に良いショッピング体験を提供いたします。

ノートパソコンでバッテリが充電できない場合の対処方法

ノートパソコンでACコンセントを接続しているのに、バッテリが充電ができない場合、接触不良やバッテリの劣化などが考えられます。 以下の対処方法を行い、バッテリの状態を確認してください。

ただし、バッテリがフル充電されている状態で、それ以上充電できない場合は故障ではありません。

対処方法

ノートパソコンでバッテリが充電できない場合は、以下の対処方法を行ってください。

1. 電源コンセントやACアダプタの接続を確認する

電源コンセントやACアダプタが、正しく接続されていることを確認してください。
電源が正常にパソコンに供給されている状態で充電できない場合は、以下を確認してください。

2. バッテリ充電ランプを確認する

本体のバッテリ電源ランプの状態を確認します。通常はオレンジのランプが点灯します。
ランプが消灯している場合は、電源がつながっていないか、充電が完了しています。

3. バッテリの接続を確認する

バッテリパックと本体の接触不良が原因で、充電ができない場合があります。
バッテリパックが取り外せる機種の場合は、数回取り外しと取り付けを行い、改善するかを確認してください。

4. 放電を行う

パソコンに不要な電気が帯電していると、正常に動作しない場合があります。
帯電している電気を放出し、バッテリが充電できるかを確認してください。

5. バッテリのリフレッシュを行う

バッテリの充電回数が多くなると、劣化が起こります。「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」を利用してバッテリのリフレッシュや不具合の診断を行ってください。

6. その他

上記の対処方法を行っても解決しない場合は、バッテリの寿命、もしくは電源コードやACアダプタの接触部分の不具合などが考えられます。

バッテリを接続した状態で電源コンセントにつないで使用していると過充電となり、さらに熱によって劣化が早まることがあります。
また、長期間使用していなかった場合はバッテリが過放電となり、充電ができないなど故障の原因になります。

www.denchiy.jp