新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ

当店はパソコンのバッテリー、ACアダプターの専門オンラインショップです。 上質で安い値段の商品と最高のサービスに取り組んでいます。 note-pc.jpはお客様に良いショッピング体験を提供いたします。

初心者もすぐできるバッテリーを長持ちさせる6つの方法

1.充電しながらパソコン作業をしない

充放電を同時に行うと、バッテリーに大きな負荷がかかります。デスクトップ型と同じ感覚で、コンセントを差し込んだままパソコンを使っていると、バッテリーの劣化を早めてしまいます。

充電中はパソコンを使わない、パソコンを使うときは充電しない。

メリハリのある使い方で、バッテリーの寿命を長持ちさせることができます。

  1. 電池残量は30%~80%に

バッテリーを良好な状態で使い続けるには、電池残量を常に30%から80%に保つような使い方が理想です。

電池残量があるうちに充電を始めて、充電が満タンになる前にコンセントを抜くことを意識するだけで、バッテリーの持ちは違ってきます。

  1. ACアダプターを差し込んだままにしない

常にACアダプターを差したまま、充電ランプがつきっ放し、そんな使い方はしていませんか?フル充電状態を維持するような使い方は、バッテリーの寿命を早めてしまいます。

充電しないときはACアダプターを抜くようにしてください。

4.フル充電のまま長期保管しない

バッテリーには経年劣化があり、使わなくてもひとりでに劣化が進みます。とくにフル充電での長期保管はバッテリーの劣化を早めます。市販されている電化製品が購入時にフル充電されていないのもこのためです。

しばらくパソコンを使わない場合は、電池残量50%を目安に保管してください。

5.熱に注意する

熱はバッテリーの劣化を加速させます。

ノートパソコンの保管は、風通しの良い涼しい場所を選ぶようにしてください。

くれぐれも、炎天下の車内に置き放しにするようなことはしてはいけません。

6.消費電力を抑える

バッテリーにかかる負荷を減らすには、消費電力を減らすことです。モニターの明るさを調節する、使用していないソフトは閉じる、無線LANを使わないときは切るなど、消費電力を抑える工夫が必要です。

最近は、USBから給電するアクセサリがたくさんありますが、中には電力消費が大きいものもあります。

バッテリーの負担を考えると、USBアクセサリの多用はあまりおすすめできません。