新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ

当店はパソコンのバッテリー、ACアダプターの専門オンラインショップです。 上質で安い値段の商品と最高のサービスに取り組んでいます。 note-pc.jpはお客様に良いショッピング体験を提供いたします。

リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?

携帯電話やノートパソコンでよく使われているリチウムイオン電池(リチウムイオン二次電池リチウムイオンバッテリー)。あんまり気にしすぎる必要はないと思いますが、どうやって使うと一番長持ちするのでしょう?

 ちょっと気になって検索してみたのですが、最初に見たところではいきなり真っ向から意見が衝突していました。

リチウムイオン充電池は使い切ってから充電するほうが長持ち?

私が今使っているリチウム充電池はPSPのとPHSのとデジカメのです。前に何かで見たのですが、充電池を長持ちさせる上手な使い方でリチウムならこう、鉛ならこうとかコツが書いてあったんです。確か、鉛蓄電池は使い切ってから充電するのがいいとかあって、リチウムはどうだったか忘れました。それにしても充電池って充電できる回数が決まっていて、それだったらやっぱり、使い切ってから充電がいいのでしょうか。充電池のうまい使い方のコツを教えてください!

一つ目の回答はこうでした。

リチウムイオン電池メモリ効果(浅い放電と充電と繰り返すと使える時間短くなる)ないといわれていたが、やはり充電>放電>充電、、がいいようです。

最近はメーカーページでもそういう表現あります。

しかし机に置くノートパソコンではなかなかそういう使い方出来ず、使うときはAC電源さしっぱなしです。これで作業中の文書失うのを避ける(停電やAC抜けるとき)。

電池は消耗品だが充電>放電が寿命にいいとわかっていても心理的にやりにくい。気分的長持ち法だが、週に1度、2週に1度くらい電源入れたままACプラグをコンセントで抜く。

放置して出かけたり寝たりすればいくらか電池にいい(かもしれない)。

まあね、ノートパソコンで使い切り充電は難しいでしょうね。

 二つ目の回答も同様。

昔、趣味で充電器を設計・製作していました。

・それで、ちょっとしたアドバイスをします。

・『リチウム・イオン充電池』に限らず充電池はみんな使い切ってからの

 充電が一番の理想です。

・回答者 No.1 さんと同じで、私も昔、『リチウム・イオン充電池』は

 メモリ効果がニッカド充電池、ニッカド水素蓄電池よりも少ないと聞いた

 事があります。1990年、前後に。

ところが、この次が真逆なのです。

リチウムイオン充電池の寿命を縮めるのは、使い切らずに充電するいわゆる「継ぎ足し充電」ではなく、過充電と過放電、満充電状態での放置です。

(中略)

従って、リチウムイオン充電池をニッケル水素電池やニッケルカドミウム電池等と同様に扱う事が必ずしも良いとは限りません。

ここで出てきた問題児は3つです。

1.過充電

2.過放電

3.満充電

 しかし、このうち「1.過充電」は無視できるようです。

過充電というのは言葉の通り充電し過ぎてしまう事で、電池の中では金属が出来て(析出)しまったりと問題が生じます。ですが、これは電池パックの回路で制御されているので、そうそう起こりません。

残りの問題です。

過放電というのは、多くの場合は電池が空の状態で放置する事で起きます。これもまたニッケル水素等では起きない事で、中ではいろいろと変性して劣化してしまいます。(惑星探査機のはやぶさでも問題になっています)

満充電での放置は、充電器に繋ぎっぱなしであるとか充電し終えた電池をしまって置く等です。満充電状態での時間が長いほど劣化が早まります。長期保管ではおよそ3、4割程度の充電が良いでしょう(高温での保管は避けたほうが良い)。

リチウムイオンバッテリ(バッテリパック)の寿命を延ばすには」というタイトルですけど、「上記該当機種のノートパソコンに搭載されたリチウムイオンバッテリー(以下バッテリーパック)」という但し書きがあります。

 ひょっとしたら他と違う点があるかもしれませんが、「気をつけて使用するとバッテリーの機能低下を遅くすることができ」るというのは下記の注意事項です。

# パソコンとACアダプターをコンセントに接続したままの状態で、パソコンを長時間使用しないときは、ACアダプターをコンセントからはずしてください。

# 1ヶ月以上の長期間バッテリーを使わない場合は、パソコン本体からバッテリーをはずして、風通しの良い涼しい場所に保管してください。

バッテリーパック保管時の注意点>

※充電状態のバッテリーパックを放置しておくとバッテリーが機能低下し、もう一度充電したときの容量が減少してしまいます。この機能低下は、保存温度が高いほど早く進みます。

※バッテリーパックを単体で保管するときは、バッテリーパックの電極(金属部分)がショートしないように、金属製ネックレス、ヘアピンなどの金属類と混在しないようにしてください。

※落下したり衝撃がかかったりしないよう安定した場所に保管してください。

# おもにACアダプターを接続してパソコンを使用し、バッテリーパックの電力をほとんど使用しないなど、100%の残量近辺で充放電をくり返すとバッテリー機能低下を早める場合があります。

# 1ヶ月に1度は、ACアダプターをはずしてバッテリー駆動でパソコンを使用してください。

# バッテリーパックを長期間充電しないままにしておくと、再充電に非常に長い時間がかかる場合があります。

# バッテリーパックのパフォーマンスは、温度の低い環境下では一時的に悪くなる場合があります。

# 集中計算や高性能のグラフィック・アプリケーションの実行中など、パソコンが、バッテリーパックから電力を大量に消費するとき、バッテリーパックとパソコンの温度が上昇する場合があります。

もう一社、Lenoveも見てみます。

新しいバッテリーや数ヶ月間使用していないバッテリーを使うときは

ThinkPad やバッテリーを新しく購入したとき、バッテリーの在庫保管期間により、容量が 0% または 0% 近くになっていることがあります。また、数ヶ月間バッテリーを使用しなかった場合も、自然放電が行なわれるためにバッテリー残量が少なくなっていることがあります。

どちらもバッテリーの品質によるものではありませんが、バッテリーを活性化させる必要がありますので、バッテリーのリフレッシュ(内部ゲージのリセット)を最低1回行なってください。バッテリーの内部ゲージのリセットはご使用中にも定期的に実施されることをお勧めします。

ThinkPadLi-Ionバッテリーをリフレッシュする方法は、"バッテリー内部ゲージのリセット" です。以下の手順に従って実行してください。

<バッテリーのリフレッシュ(内部ゲージのリセット)の方法>

  1. タスクバーの [バッテリー省電力メーター] アイコンをクリックして、 [省電力マネージャーを起動する] をクリックします。

※タスクバーに [バッテリー省電力メーター] アイコンが表示されていない場合は、以下のサイトをご参照ください。

タスクバーのバッテリーインジケータが表示されない場合の対処方法

- ThinkPad

  1. [省電力マネージャー] ウィンドウが表示されます。
  2. [バッテリー情報]タブを選択し、[バッテリーのメンテナンス(M)]ボタンをクリックします。
  3. バッテリー内部ゲージのリセットの項目で、[リセットの実行(R)]ボタンをクリックします。(バッテリーを複数搭載している場合は、上段でリフレッシュするバッテリーを選択してから[リセットの実行(R)]をクリックしてください。)

バッテリーのリフレッシュ(完全放電→完全充電)が開始されます。

  1. 内部ゲージのリセットは中断することができます。終了まで待てない状況が発生した場合は、[リセットの停止(R)]ボタンをクリックしてください。

バッテリーの寿命(劣化)とは? バッテリーの使用時間が短くなったり充電できなくなったときは?

ノートパソコンが動作するための電源は AC アダプターとバッテリーから供給されます。平均的な使用状況において、ノートブック 用のバッテリーは、一年後には約 70% の充電容量比率に劣化します。

※充電容量比率(%)=バッテリーが受けつける最大充電容量/新しいバッテリーの最大充電容量×100

なお、消耗・劣化の状態はご使用状態・環境に依存し、より早く消耗してしまう場合もあります。通常、十分な放電と充電を繰り返すことによって徐々に劣化していきますが、常にACアダプターに接続されて、ほぼ常時100%の満充電状態に保持されることによっても、劣化が加速される場合があります。

満充電から突然0%近くの枯渇状態になる等の状態になるような劣化の仕方をする場合もあります。

バッテリー容量の低下が感じられる場合に、バッテリーのリフレッシュ(内部ゲージのリセット)によって改善・回復できる場合があります。しかしながらリフレッシュを行っても改善されない場合は消耗・劣化が進行してしまっています。(リフレッシュ=バッテリー内部ゲージのリセットは、劣化が起きないうちに定期的に実施いただく方が効果があります。)

バッテリーを長持ちさせるメンテナンス方法とは

バッテリーの状態は気温や未使用状態での保管期間、装着条件、および使用サイクル回数などの使用環境によって変化します。

バッテリーは適切な温度条件下での十分な放電と充電を繰り返すことでも徐々に劣化していきますし、ACアダプターでのご利用が中心の場合に、ほぼ常時100%の満充電状態に保持されることによっても、劣化が加速される場合があります。

バッテリーは電気化学変化によってエネルギーを出し入れするものですので、100%という片側の状態のみに数ヶ月~年といった長期間保持されることで、内部の化学的状態に片寄りが生じて、十分な能力が発揮できない劣化を発生することがあるのです。

<主にACアダプターでの使用が中心で、会議室への移動や会議での1時間程度がバッテリー動作時間の目安の場合>

充放電のサイクル回数を不要に増やさず、またバッテリーが満充電状態に保持されすぎないよう、充電開始%、充電停止%をカスタマイズすることができます。

<バッテリーについての一般的な知識>

バッテリーを最適な状態へと調整し、長持ちさせるための一般的な知識は以下のとおりです

* バッテリーはほぼ100%に近い満充電状態に常時保持されたり、細かい充電と放電が頻繁に行われるのは苦手です。

* 充電開始%、充電停止%を適切に設定し、バッテリーが常時100%に保持されたり、細かい充電と放電が不要に繰り返されないようにすることをお勧めします。

※充電開始容量と充電終了容量を設定する手順は、ここをクリックしてください。

* 数ヶ月に一度、リフレッシュ(バッテリー内部ゲージのリセット)を行われることをお勧めします。

* バッテリーは保管されている間にも自然放電や劣化が発生します。

* バッテリーを長期間使用せず保管するには、充電残量が 20 ~ 30 %前後の状態でバッテリーを取り外し、涼しい場所に保管してください。

また、3~6ヶ月に一回程度は、100%近くまでの充電を行い、その後再度20~30%まで使用してから、再度保管するようにしてください。

* できる限り省電力機能(スタンバイや休止状態など)を使用して、バッテリーの充電回数を少なくしてください。